Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

Windows7のサポーター切れいろいろと不便なので、Windows10へアップグレードしました。USBを使ってアップグレードすると今後も便利なので参考にどうぞ。

Windows10へアップグレードはブータブルUSBメディアツールを作成してみた

Windows10にアップグレードするとき、個人フォルダを引き継げます。しかし、パソコンによってはこの引継ぎができないPC環境もあります。引継ぎができない場合、ハードディスクに保存しているデータを引っ越ししておきましょう。また、Windows10インストールについては別記事で紹介しています。

データを引っ越し、または保存する方法は下記の記事で紹介しています。参考にしてください。

iPhoneでもPCでも画像保存はOneDriveが使いやすい

 

その前に、Windows10にアップグレードするとライセンス認証はどうなる?

Windows10にアップグレードしたいけど、ライセンスはどうなるの?プロダクトキーを購入しないとダメ?と思っているひともいるでしょう。カンチャンは、そのままWindows7のプロダクトキーでWindows10にアップグレードできました。Windows10のプロダクトキーを購入する必要はありませんでした。もう一度、「Windows7のプロダクトキー」で認証できました。

ブータブルUSBメディアツールでWindows10へアップグレードに必要なもの

マイクロソフトのサイトでも「ブータブルUSB」を使ってインストールする方法を紹介しています。初心者にはちょっと難しい雰囲気なのですが、安心してください。分かりやすく解説していますので最後まで読んでください。

Windows10インストールUSBメディアツールを作成するためには、8Gの空きUSBが必要です。

気を付けることは、使いまわした8GのUSBではいくらフォーマットしても使えませんでした。なぜかというと、一度使ったUSBは完全にフォーマットできない場合があります。そのため、インストールする最後の段階で、「USBの空き容量がありません」の警告文が出てきます。8G以上のUSBであれば、大丈夫です。

 

ブータブルUSBメディアツール作成では、8G以上のUSB(新しく購入した完全に空きのもの)が必要です。USBの準備ができましたら、マイクロソフトのサイトへ行きましょう。

 

Windows10のダウンロード

 

下の画像のように、マイクロソフトのサイトで、iosを作成してUSBメディアでインストールするなどの紹介がされています。しかし、女子、初心者には何のことやらさっぱりです。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

ここでは、初心者でもWindows10インストール用USBメディアツールを簡単に作成する手順を紹介していますので最後まで読んでくださいね。

 

 

Windows10インストール用USBの作り方

USBをパソコンに挿しておきましょう。

画面内の「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。ダウンロードする場所は、「ダウンロードフォルダ」がいいです。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

インストールしたら、「ダウンロードフォルダ」の中から、「MediaCreationTool21H1.exe」をクリックします。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

クリックしたら、下の画像のように始まります。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

しばらくすると、下の画像のように表示がでます。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

同意する」をクリックします。

クリックすると、また下の画像のようになります。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

しばらくすると、下の画像のような表示がでます。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、・・)」を選択します。

次へをクリック。

 

下の画面になりましたら、画像内「赤枠のチェック」を「外す」ことをおススメします。自分のパソコンが32ビットなのか64ビットなのか分からないときは、インストールするとき自動で判別してくれます。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

上のチェックを外すと、ビットバージョンを選択できるので、ここでは、「両方」を選択して次へのボタンをクリックましょう。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

「使用するメディアを選んでください」の画面では、いよいよUSBメディアツール作成の最後の段階です。下の画像のように、USBフラッシュドライブ選択しましょう。次へのボタンをクリックします。

インストールする先を8Gの空きUSBを選択して、そこへインストールします。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

これで、USBインストールメディアが完了です。

おめでとうございます!以上、Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみたでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました