Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

この記事は約4分で読めます。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

Windows7のサポーター切れいろいろと不便なので、Windows10へアップグレードしました。USBを使ってアップグレードすると今後も便利です。

 

「スポンサーリンク」

ブータブルUSBメディアツール作成前に

Windows10にアップグレードするとき、個人フォルダを引き継げます。

しかし、パソコンによってはこの引継ぎができないPC環境もあります。

引継ぎができない場合、ハードディスクに保存しているデータを引っ越ししておきましょう。

また、Windows10インストールについては別記事で紹介しています。

データを引っ越しは下記を参考にしてください。

iPhoneでもPCでも画像保存はOneDriveが使いやすい

 

Windows10にアップグレードするとライセンス認証はどうなる?

Windows10にアップグレードしたいけど、ライセンスはどうなるのか。

プロダクトキーを購入しないとダメ?と思っているひともいるでしょう。

そのままWindows7のプロダクトキーでWindows10にアップグレードできます。

Windows10のプロダクトキーを購入する必要はありませんでした。

「Windows7のプロダクトキー」で認証できます。

 

ブータブルUSBメディアツールって?

マイクロソフトのサイトでも「ブータブルUSB」を使ってインストールする方法を紹介しています。

初心者にはちょっと難しい雰囲気なのですが、安心してください

分かりやすく解説していますので最後まで読んでください。

 

Windows10インストールUSBメディアツールを作成するためには、8Gの空き「USBフラッシュドライブ」が必要です。

 

気を付けることは、使いまわした8GのUSBではいくらフォーマットしても使えませんでした。

なぜかというと、一度使ったUSBは完全にフォーマットできない場合があります。

そのため、インストールする最後の段階で、「USBの空き容量がありません」の警告文が出てきます。

 

8G以上のUSBであれば、大丈夫です。

 

USBの準備ができましたら、マイクロソフトのサイトでisoファイルをダウンロードします。

 

Windows10のダウンロード

 

下の画像のように、マイクロソフトのサイトで、iosを作成してUSBメディアでインストールするなどの紹介がされています。

しかし初心者には何のことやらさっぱりです。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

初心者でもWindows10インストール用USBメディアツールを簡単に作成する手順を紹介しています。

 

Windows10インストール用USBの作り方

USBをパソコンに挿します。

画面内の「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

ダウンロードする場所は、「ダウンロードフォルダ」がいいです。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

 

インストールしたら、「ダウンロードフォルダ」の中から、「MediaCreationTool21H1.exe」をクリックします。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

クリックしたら、下の画像のように始まります。

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

しばらくすると、下の画像のように表示がでます。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

同意する」をクリックします。

クリックすると、また下の画像のようになります。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

しばらくすると、下の画像のような表示がでます。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、・・)」を選択します。

 

次へをクリック。

 

 

下の画面になりましたら、画像内「赤枠のチェック」を「外す」ことをおススメします。

自分のパソコンが32ビットなのか64ビットなのか分からないときは、インストールするとき自動で判別してくれます。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

上のチェックを外すと、ビットバージョンを選択できるので、ここでは、「両方」を選択して次へのボタンをクリックましょう。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

 

「使用するメディアを選んでください」の画面では、いよいよUSBメディアツール作成の最後の段階です。下の画像のように、USBフラッシュドライブ選択しましょう。次へのボタンをクリックします。

 

インストールする先を8Gの空きUSBを選択して、そこへインストールします。

 

Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみた

 

これで、USBインストールメディアが完了です。

おめでとうございます!以上、Windows10へアップグレードするためのUSBメディアツール作成してみたでした。

【併せて読みたい記事】

ideapadFlex10のBIOS設定画面でUSB Bootを起動させる方法

コメント