SIMなしiPhoneアップデートできないときはここを確認してみましょう

この記事は約4分で読めます。
「スポンサーリンク」

使っていないSIMなしiPhoneのiOSアップデートは通常問題なくできる

SIMなしiPhoneアップデートできないときはここを確認してみましょう

当サイトでSIMなしiPhoneの使い方を紹介しています。SIMなしiPhoneをぜひ活用してみてください。

SIMなしiPhoneのiOSアップデートができないのは必ず原因があります。

なぜなら、SIMなしiPhoneは、「Apple ID」を登録しなくてもiOSのアップデートはできるからです。

もし、アップデートができない場合は、以下を確認してください。

 

  1. お手持ちのiPhoneのバージョンではアップデート対象外になっている。
  2. Wi-Fiに接続できていない
  3. Wi-Fiに接続できているが、ルーターの問題でインターネットに接続できていない
  4. 久しぶりに電源入れたのでアップデートの通知が遅いだけ
  5. アップデートを再度確かめてみる。

 

考えられる主な原因としては、上記の1~3です。

 

お手持ちのiPhoneのバージョンを確認してみましょう。

アップデートはシリーズによって最新のiOSアップデートバージョンは異なります。

 

ご自身のiPhoneシリーズを今一度確かめてみましょう。

 

iPhoneバージョンを確かめる方法

眠っていた使わないiPhoneのバージョンが分からない、または忘れたら、起動させてバージョンを確かめましょう。

 

【iPhoneのバージョンを確かめる方法】

「設定」→「情報」→「機種名」

 

機種名に、お手持ちのiPhoneのバージョンが記されています。

 

眠っていたSIMなしiPhoneを久しぶりに起動させてみると、パスコードが思い出せないときは下記が参考になります。

おすすめ
SIMなしiPhoneパスコード忘れiTunesで工場出荷状態にする方法
パスコードがどうしても思い出せない、iPhoneを下取りに出す、人に譲る時に、iPhoneを工場出荷状態に戻す方法。

 

バージョンが分かったら最新のiOSまでアップデートする

ちなみに、iPhone6s以前のiPhoneは、最新のiOSアップデートは対象外になっています。

しかし、6sバージョンの最新iOS(iOS15までが出来るようになった!)まではアップデートします。

 

 

 

【iOSのアップデートの手順】

「設定」→「ソフトウェア・アップデート」

ちなみに、iPhone6sの最新iOSは、15.6.1(2022年8月現在)

 

この手順で、お手持ちのiPhoneのiOSを確かめることができます。

 

再度確かめたいことは、

SIMなしiPhoneは、Wi-Fiに接続する必要があります

 

Wi-Fiに接続できているかを確認します。

 

「4.久しぶりに電源入れたのでアップデートの通知が遅いだけ。」

に関しては、久しぶりに電源を入れたのであれば、Wi-Fiに接続した状態します。

 

しばらく(長くて2~5日ほど)放置していると、最新のアップデート通知が届くはずです。

アップデート通知はどのタイミングで来るのか全く予測できません。

 

電源が入っている状態で、しかも充電100%の状態で放置しておくといいでしょう。

 

5.「アップデートを再度確かめてみる。」

に関しては、

「設定」から「一般」→「ソフトウェア・アップデート」

をタップして、アップデートがないか確認してみましょう。

 

【併せて読みたい記事】

参考:「iPhone をアクティベーションできない場合」Apple公式サイトより

おすすめ
家族でスマホ乗り換えお得な格安SIMベスト3【2023】
家族のスマホ料金を安くできるかもしれない!格安SIMベスト3を徹底比較。どこよりも分かりやすい見やすい。

コメント