ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

この記事は約6分で読めます。

Windows10にアップグレードしてノートパソコンのキーボードのいくつかのキーが反応しなくなったら、以下のことを試してみると改善されることがあります。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

 

これまで普通に使えたキーボードが急に使えなくなった、または一部のキーが反応しなった場合、いくつかの問題があります。

Windows10にアップグレードしてキーボードがおかしくなる問題は、それほど多くはありません。

しかし、パソコン機種によっては、一部の機種がWindows10にアップグレードしたらキーボードに問題が発生することもあるそうです。

キーボード本体の接続線に問題がある場合、キーボード本体の接続ケーブルに、何らかの傷や接触不良などが原因で起こることも。

その場合、物理的にキーボード本体の交換が必要となります。

キーボードの隙間にゴミが溜まったりする

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

お部屋がハウスダスト環境やノートパソコンを使っている環境によりますが、キーボードの隙間にゴミやほこりが溜まると、キーボードの反応が悪くなる場合もあります。

その場合、キーボードを掃除すると問題を解決できることもあります。

キーボードのゴミやほこりを掃除するときは、電源ケーブルを抜いて、パソコンをシャットダウンしてから行いましょう。

 

無理にキーボートを叩いたり、キーをほじくると破損の原因になります。破損してしまうと、キーボート本体が使えなくなるので気を付けましょう。

 

掃除するときは、キーボード専用掃除道具を使いたいのてすが、ほとんどの初心者は持っていないもんね。

そこで、カンチャンは掃除機を軽く当ててキーボードの掃除をします。

すごくほこりがとれますが、荒っぽい作業は禁物です。

そこは自己責任でよろしくです。

Windows10にアップグレード後の不具合の場合

Windows7や8で問題なく動いていたキーボードが、Windows10にアップグレードしたら、キーボードの一部のキーが反応しなくなることもあります。

Windows10にアップグレードしたら、キーボードの問題が起こった場合について紹介します。

キーボードのドライバーアップデートがないかチェックしてみよう

キーボードの一部などが反応しなくなった場合、お使いのノートパソコンの製造元を確認しましょう。

その次に、製造元のホームページを見てみましょう。

お使いのノートパソコンの型番などを調べて、ドライバーに関するアップデートをチェック

Windows10にアップグレードしたら、いくつかのドライバーが更新されいることが多々あります。

その中に、キーボードのドライバーがアップデートされていないかをチェックしましょう。

もしドライバーをアップデートする必要があれば、ドライバーをダウンロードしてそのドライバーをパソコンにインストールしましょう。

キーボードのドライバーのダウンロードまたはインストールの方法、手順については、ダウンロードするそのページに説明文が記載されているのがほとんどです。

確認してから作業を始めましょう。

キーボードドライバーのアップデートがない場合

製造元のホームページでキーボードドライバーのアップグレードがない場合、キーボードに関する問題がピックアップされていないかも確かめましょう。

特にキーボードの問題がピックアップされていない場合、キーボードの一部のキーが反応しないのは、ドライバーに問題が無いかを確かめてみましょう。

以下は、ドライバーに問題がないかを確かめる方法です。

キーボードドライバーを手動で更新する方法

Windows 7と8からWindows10にアップグレードすると、キーボードのドライバーに不具合が出る場合、カンチャンが実際にやってみた対処方法を紹介します。

キーボードのドライバーを手動で更新すしますが、普通は問題なく更新できます。

自己責任で宜しくお願いします。

デスクトップのマイコンピューターからプロパティを開く

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

デバイスマネージャーを開く

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

一覧からキーボードがあります。クリックしましょう。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

キーボードのドライバー名をクリック。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

キーボードのプロパティが開きます。ドライバーのタブをクリック。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

ドライバーの更新をクリック。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

先に、ドライバーを自動的に検索を試してみてもいいですね。「既に最適なドライバーがインストールされています」であれば、「コンピュータを参照してドライバーを検索」をクリック。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外しましょう。

左側の製造元を見てください。製造元が沢山出てきますが、「標準キーボード」をクリックします。

つぎに、左側では、ドライバーがたくさんありますね。「標準PS/2キーボード」をクリック。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

ドライバーをインストールするとき、警告文が出ます。そのまま「はい」をクリック。

インストールしましょう。インストールすると再起動をしましょう。

ノートパソコンのキーボードが反応しない、一部が反応しないとき

以上、キーボードのドライバーを標準にしてみました。

もし、不具合がでれば、「互換性のあるハードウェア」をクリックして、元のドライバーをインストールし直すこともできます。

これで、問題が解決しない場合、物理的なキーボードの破損と思っていいです。

ノートパソコンではキーボードが破損すると、非常に困るのです。

キーボードを新品に交換出来るのであれば、交換しますが、初心者にとってパソコン分解はちょっと大変です。

パソコン修理屋さんに依頼するしかないのですが、修理代が思った以上に高額なら、そこは重大決断になりますね。

パソコンがまだまだ使えるのであれば、手放したくない。

じゃ、どーするの!?

キーボードが物理的破損のときはワイヤレスキーボードを使いましょう!

ノートパソコンのスペック(まだまだ使える相棒なら)がCore系統ならまだまだ使えます。

新しいノートパソコン買うゆとりがないなら、やはり使うべき。

ワイヤレスキーボードを使うだけで、キーボードが破損しているノートパソコンは、これまでとまったく変わることなく使えるのです。

しかも、ワイヤレスキーボードの値段がお手頃なんで。

持ち運び便利なスリムタイプがオススメなんです。

こんな感じです。

キーボードが物理的破損のときはワイヤレスキーボード

エレコム製の薄型キーボード「TK-FBP102BK」は、Windows Mac アンドロイド、iPhoneにも接続可能で、同時に接続もできるんです。

ハッキリ言って便利です。

Windows10にアップグレードして、キーボードの一部のキーが反応しなくなったら、キーボードのドライバーを手動でインストールしてみました、でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました