SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

この記事は約6分で読めます。

SIMなしiPhoneを活用している”SIMなしiPhone研究室長”カンチャンです。

iPhone6sを活用したいけど、そもそもバッテリーが急激に減る、熱を持つなどの症状がありました。

これらの症状があると、電池(バッテリー)は、

すでに死んでいる。

「北斗の拳」より

 

と、言うことで新しい電池と交換しました。

iPhone6sの電池(バッテリー)交換やってみた

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

※電池(バッテリー)交換をする際は、自己責任でお願いします。

【iPhone 6s 修理交換用バッテリー】
●商品説明:2250mAh / 電圧:3.8V (大容量 30%電量アップ)※対応機種以外ご使用できません。対応モデル番号指定特になし。過充電保護、過放電保護、高温保護、推奨サイクルカウント回数:500回 「Amazon」にて購入。
●附属:両面テープ
●【おススメの理由】梱包丁寧、商品補償1年間

カンチャンは、iPhone分解ツール(道具)を持っているので、今回のiPhone6s電池(バッテリー)交換に必要なものは、電池(バッテリー)のみを購入しました。

道具を持っていないなら、電池と一緒に分解ツール(道具)とセットになっている商品もありますのでそちらをおススメです。

iPhone6s 修理交換用バッテリー&キッド
●商品説明:2200mAh / 電圧:3.82V 大容量 ※対応機種以外ご使用できません。
●対応モデル番号:A1634,A1687,A1699 「Amazon」より。

 

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

iPhone6s電池(バッテリー)交換開始

下の画像は、iPhone5sなのです。

作業をするのに夢中になってしまい写真を撮るのを忘れました。

ふぉんちゃん
ふぉんちゃん

カンチャン失態だね。

5sから6sと基本的に同じです。下のネジを2つ外します。ネジはとても小さいので、無くさないように気を付けましょう。カンチャンはいつも磁石を準備しています。磁石にネジをくっつけています。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

 

どのネジがどこに入るのかが分からないといけないので、磁石は3つほど準備しておくといいかもしれません。

 

パネルを開ける作業も基本的に5sと同じやり方です。吸盤を使ってパネルを開けます。吸盤を何度も引っ張りながらパネルを浮かせます。この原始的な吸盤を使うと時間かかります。

 

6sのパネルは開ける作業に時間がかかりました。少しでもパネルが開いたら、そこにピックを入れるのがコツです。

 

また、パネルはいきなりパかっと開くことはありませんので、ある程度の力が入っても大丈夫です。※下記の画像は5sのものです。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

パネルを開けるツール(道具)もあります。カンチャンのような原始的なやり方では指が痛くなるので、指を保護するために紙か布などを使いましょう。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた【おススメしない原始的な作業】パネルを開けるときに使う吸盤です。附属のキットに付いていましたので、使っているだけです。吸盤のワッカが使うにつれて伸びるので、家にある余っている強めのワッカに交換しました。

 

吸盤液晶画面吸盤プライヤー
スマホ修理屋さんも御用達のツール。スマホを挟んで握るだけで、簡単にスマホのパネルを開けることができます。これ欲しいぃ。

 

パネルを開けるときは、ホームボタン側、ネジを外した下側からパネルを開けます。

6sはパネルを開けると、上側、カメラと会話を聞くスピーカー側にコネクタがあるので下の画像のように、6sのパネルは上側に開く状態です。パネルを開けるときは、防水ゴムの粘着で開きづらいです。ここは慌てずにピックなどを入れて、パネル全体を浮かせます。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

パネル分離の作業

パネルを分離させる作業で、下の画像のようにパネルのコネクタを外す作業です。コネクタを固定させている基盤のネジを4つ外します。赤い枠のところ。

 

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

パネル固定基盤を外したら、コネクタが3つありますので、上から順序に外します。

 

 

ピンセットなどで軽く上に持ちあがるとコネクタが外れます。

 

爪でも外す人もいますよ。附属のキットでも使えます。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

3つのコネクタを外したら、パネルを分離することができます。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

 

電池(バッテリー)のコネクタを外す作業

パネルを外したら、次にいよいよ電池(バッテリー)を外します。電池コネクタを固定している基盤を外します。ネジは2つ。

 

基盤を外すときも、ピンセットなどで上に持ち上げると基盤が取れます。すぐ取れることもあります。

 

下画像の↑のように、上に持ち上げるだけです。基盤を外したら、電池のコネクタを外します。こちらも上に持ち上げるだけで外れます。※外したときの写真なくてすみません。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

 

電池を外す作業がかなり時間かかる

 

電池のコネクタを外したら、電池を外します。電池と基盤をくっつけている両面テープをはがす作業です。

下画像のように、両面テープの端っこを剥がします。これは両面テープの端っこなので、このシールをはがしたらそのまま両面テープをはがす作業になります。

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

電池をはがすとき、電池を大きく曲げると熱を持ち(放出し)ます。(かなり熱かったので気を付けましょう。)電池は無理に曲げないようにしましょう。緩やかに曲げる程度、少々なら大丈夫です

両面テープの剥がし方は、下画像のように剥がします。うまくいくとすべての両面テープが剥がれます。(下画像は電池購入したAmazonから引用)

SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた

 

【両面テープの剥がし方コツ①】端っこの黒いテープを引っ張ると両面テープが出てきます。そのまま引っ張ることで両面テープが電池の下で剥がれます。

 

両面テープが古くなって固まっている場合もあります。そのときは、電池を軽く持ち上げながら、カッターでゆっくり両面テープを切るようにします。

 

【両面テープの剥がし方コツ②】両面テープが切れたら、電池を持ち上げキットを使って両面テープを押し込みながら、電池を持ち上げます。両面テープがつかめるなら引っ張ってテープを剥がします。

 

電池を剥がす作業が、悪戦苦闘します。慌てずに作業をします。

新しい電池をセットする作業

ここからは画像がありません。すみません((´;ω;`))

外部サイトの「分解工房」さんの動画を見ると分かりやすいです。

分解工房さんと違うところは、電池を取り付けるときの作業です。

カンチャン:①電池コネクタを基盤に接続してから、②両面テープを貼った電池を基盤に付ける。

分解工房さん:①両面テープを貼った電池を基盤に付けてから、②電池コネクタを接続。

電池のコネクタを基盤に接続してから、両面テープの付いた電池を最後に基盤に貼ると失敗が激減します。

防水テープを購入して、本体に貼り付けることがいちばんいい方法です。カンチャンは防水テープをそのまま使いました。購入していません。水濡れには弱いはずです。

以上、SIMなしiPhone6sのバッテリー減りが早いから電池交換初心者でもやってみた、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました