iPhoneの電池減りが早くなったらどうする?フル充電からすぐ電池残量が落ちる!

この記事は約3分で読めます。

iPhoneの電池減りが早くなったらどうする?フル充電からすぐ電池残量が落ちる!

広告

iPhoneの電池減りが異常に早くなった!すぐに対処できることをやってみる

どうもカンチャンです。今回はiPhoneの電池減りが異常に早くなったらすぐに対処できることをやってみるということで紹介します。

変な操作とかではないのでご安心を。また、裏テクでもありません。

iPhoneを健全に使用、または操作することが、バッテリーやその他の部品を故障することなく長く使える秘訣です。

iPhoneの電池が急激に落ちるときってどんなときですか?

今使っているiPhoneが急激に電池が減るときって、何をしているときですか?通常、電池が急激に減る原因は次の通りです。

  • 長時間の動画視聴
  • 長時間のゲーム
  • 長時間の電話
  • 長時間のネットサーフィン

など。いずれも長時間のアプリ使用ということになりますね。

それ以外で、普通の使用をしているにもかかわらず電池の減りが急激にへるようになったなら、それは、電池の寿命が考えられます。

iPhoneの電池減りが異常に早くなったらすぐにやってみること

iPhoneのバッテリーセーバーを起動させる

iPhoneにはバッテリーが残りわずかになると、自動的に?と言うか、iPhoneが教えてくれるのですが、「低電力モード」にしますか?と教えてくれます。

「低電力モード」にすると、
iPhoneを完全に充電するまでにダウンロードやメールの受信などのバックグラウンド処理を一時的に抑えので、通知や動作の一部ができなくなります。

「低電力モード」の設定を手動で行うこともできます。

低電力モード設定方法
ホーム画面の「設定」アイコンをタップ → 「バッテリー」をタップすると、「低電力モード」をONにタップしましょう。

 

iPhoneのディスプレイ明度を下げる

バッテリーの減りを抑えるためにできることの代表的な対処です。ディスプレイの明るさを抑える方法です。

ディスプレイは画面上を明るくする、いわゆる電灯なので、当然電力を使います。そのディスプレイの明るさを抑えることでも、バッテリーの減りを抑えることができます。

ディスプレイ明度調節方法①
ホーム画面の「設定」アイコンをタップ → 「画面表示と明るさ」をタップすると、「明るさ」レベルを左にスライドして明るさを抑えます。

 

ディスプレイ明度調節方法②
ホーム画面上で一番下から上にスワイプ → 「画面表示と明るさ」をタップすると、「明るさ」レベルを左にスライドして明るさを抑えます。(下画像参考)

 

iPhoneの電池減りが早くなったらどうする?フル充電からすぐ電池残量が落ちる!

上記画像のように、ホーム画面上で下から上に指でスワイプすると、コントロールパネルが現れます。そこで、明るさ調整ができます。やってみましょう!

iPhoneの長時間のゲームや動画などのアプリの使用を控える

バッテリーの減りが急激に落ち込んだら、長時間のアプリの使用を控えましょう。それしかありません。

連続使用2時間以上は、ん~、バッテリーだけでなく、iPhone本体も熱を持ってしまいます。

そうなると、本体の寿命も早くなりますし、ご自身の健康のためにも、長時間の使用は控えましょう。

iPhoneの電池減りが早くなったらどうする?フル充電からすぐ電池残量が落ちる!

iPhoneの電池(バッテリー)を交換する時期かも

iPhoneを使っていて1年では、どうしてもバッテリーの劣化が始まっています。

これは避けれるものではありません。

電池の使用を控えるにしても、バッテリーの寿命という物理的な劣化はどうしようもございません。

もし、電池の交換をするならば、できるだけお安いショップさんをお探しになって、電池交換を依頼しましょう。

アップル公式サイトでも電池減りについてのサポートフォーラムがあります。

以上、iPhoneの電池減りが早くなったらどうする?フル充電からすぐ電池残量が落ちる!でした。

 

よく読まれている記事:SIMを抜いたらiPhoneのApple IDはどうなる?消える?消えない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました