iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?

iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?

iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?

広告

iPhoneを充電していたはずが充電されてない?どうして?

iPhoneを充電していたはずが充電されてないことありますか?iPhoneだけでなくAndroidでも同じような症状が起こります。

ふぉんちゃん
ふぉんちゃん

あれ?どーして?充電されてないじゃない!

いつも充電しているコンセントで充電していたはずが、全く充電されてないことがありますね。

スマちゃん
スマちゃん

iPhoneだけでなくAndroidでも同じ症状があるのよね。

iPhoneが充電されてない、充電できない場合どうすればいいの?

iPhoneが充電できない原因は、はっきりとわからないこともあります。iPhoneが充電されない主な原因は下記にまとめました。

家庭内コンセントの不具合がないか確かめてみましょう

家庭内コンセントでiPhoneを充電していて、充電が出来ない場合、次のことを確かめましょう。

スイッチがある延長コードを使っていませんか?

延長コードを使ってiPhoneを充電している場合、延長コードで帯電が起こっているか、家庭内電力不足である可能性もあります。

安全機能付き延長コードでは、電源スイッチのオンオフが付いてるものがあります。そのスイッチがオンであることを確かめましょう。

ふぉんちゃん
ふぉんちゃん

あ!安全機能付きの延長コードのスイッチがONになっていないじゃない。

カンチャンもたまにやってしまったことがありました。安全管理機能付き延長コードでスイッチがオフのままではiPhoneは充電出来ません。

スイッチがONになっているかを確かめましょう。

または、帯電している可能性があるので、延長コードで別の差し込み位置に変えてみましょう。

同じ差し込み位置で充電されないときは、場所を変えてみると充電できることがあります。

安全機能付き分岐延長コードの例

iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?

コンセントの場所を変えてみる

iPhoneが充電できな場合、いつも使っているコンセントの場所を変えてみると、問題が解決する場合があります。

iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?

これで解決しました。カンチャンもコンセントの場所を変えることで充電できました。なぜだかわかりませんが、コンセント自体が帯電していた可能性があります。

充電コードが古くなっていませんか?

iPhoneの充電ケーブルが古くなっていると、ケーブルの劣化が原因で充電できない場合もあります。

iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?

純正のiPhoneケーブルを使わないで、安いケーブルを使っていると、ケーブル自体の劣化は早いです。安いケーブルがもう一つあれば、そのケーブルで充電できるかも確かめてみましょう。

ケーブルに問題がなければその他の対処法を試してみましょう。

充電器が劣化していませんか?

充電器の劣化はほとんど可能性が低いですが、まれに劣化か不具合で電源が供給されないこともあります。

iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?

充電器に不具合がないか確かめる方法として、別のUSBアダプタを使うか、パソコンのUSBに接続して、iPhoneが充電ができるか確かめてみましょう。

iPhone以外で、USBで充電できる機器を使って、充電器から電力が供給されているかを確かめることもいいですね。

iPhone本体の電池が劣化していませんか?

iPhoneが充電できない原因としては、はとんどこれが多いかもしれません。iPhoneの電池(バッテリー)の劣化です。

iPhoneの電池残量が、以前より急速に減る場合、電池の劣化が原因です。

電池の劣化は、どうしても避けられないのですが、目安としては、2年ほどで電池は劣化します。

iPhoneでゲームやYouTubeなどを頻繁に、しかも長時間使う場合は、電池の劣化は早くなります。

以上、iPhoneが充電できない?充電されてない?どうする?でした。

 

【よく読まれている記事】

SIMを抜いたらiPhoneのApple IDはどうなる?消える?消えない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました