ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

ideapadFlex10の標準ハードディスクを高速SSDに交換するとどうなるのか?

ideapadFlex10 Windos10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみました。SSDに交換する前の内容も紹介していますので、ideapad Flex10をご使用している方は是非参考にしてみてください。もちろん ideapad Flex10 のみではなくその他のノートパソコンにも適応できます。

ideaPadFlex10ハードディスクを高速SSDに交換する前の出来事

SSDに交換する前は、高速化を目指すためにやったことが2つあります。

・ReadyBoostやってみた。

・Windowsアップデート頻繁にやってみた。

少しは軽くなる感じがありましたが、PCUとハードディスクの使用率が100%になる問題が解消されず、動きが遅く面白くないです。

以下は、これまでにやってきたことを詳しく紹介しています。後半は最終手段のSSD交換したことを紹介しています。

ideapadFlex10 Windows10のタブレットモードで動きが軽くなる?

Windows10には、「デスクトップモード」と「タブレットモード」が装備されているのを知っていますか?2つのモードはパソコンのスペックによって使い分けるととても便利です。

ideapadFlex10 Windos10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

 

ideapad Flex10はノートパソコンですが、タブレットのようにタッチパネル操作ができる優れものです。Flex10を「デスクトップモード」で実行するより、「タブレットモード」で実行するほうが動きが軽くなります。

タブレットモードする方法を紹介します。

Windows10でタブレットモードに切り替える方法

タブレットモードに切り替える手順を紹介します。

スタートボタンから「設定」をクリック。

ideapad Flex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

設定画面から、「システム」をクリック。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

「システム」画面の左メニューから、「タブレット」をクリック。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

「タブレット画面」で「サインイン時の操作」と「このデバイスをタブレットとして使用するとき」の2つの設定があります。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

「サインイン時の操作」をクリックすると、「常にタブレットモードを使用する」と「タブレットモードを使用しない」の選択が出ます。ここでは、「常にタブレットモードを使用する」をクリックします。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

次に、「このデバイスをタブレットとして使用するとき」の選択をクリックすると、「タブレットモードに切り替えない」と「モードを切り替える前に確認メッセージを表示する」、「常にタブレットモードに切り替える」の3つの選択があります。ここでは、「常にタブレットモードに切り替える」を選択します。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

さらに、「タブレットの追加設定」を見てみましょう。下の画像をご覧ください。「タブレットの追加設定をする」の文字が見えます。それをクリックします。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

タブレットモード設定をお好みで追加設定できます。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

以上、タブレットモード設定手順でした。

 

Windows10の最新のアップデートにして、タブレットモードで実行すると、デスクトップモードに比べて動きが軽いです。

ideapad Flex10 Windows10最新のOSビルドで軽量化

ideapad Flex10にWindows10のアップデートで最新のOSビルドにアップデートをしました。このアップデートは、パフォーマンスの低いノートパソコンではかなり時間がかかりますので、気長にダウンロード、インストールしましょう。

Microsoftで最新のOSビルドをダウンロード>>>

標準ハードディスクのFlex10では、「ReadyBoost」を装着してダウンロードをおススメします。

ideapadFlex10の限界を超えるためにはどうすればいい?

ここまでは、標準のハードディスクでideapad Flex10を軽量化する方法です。しかし、標準のハードディスクではここまでが限界でした( ノД`)シクシク…

最終手段を決意!

標準のハードディスクを高速SSDに交換することにしました。

ideapadFlex10のハードディスクをSSDに交換してWindows10をインストールしてみた

ideapadFlex10をどうにか高速にできないかと、あれこれ試してきました。USBをREADY BOOSTにしたり、アップデートで軽量化になりましたが、

Flex10のスペックこれが限界。これ以上の早く動くマシンにできませんでした。

しかし、最終手段が残っていました。

遂にハードディスクを高速の「SSD」に交換してみました。

 

ハードディスクをSSDに交換したideapadFlex10

ハードディスクをSSDに交換しました。交換作業は15~20分ほどでした。

SSDに交換したら、下記の画像通りです。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

ハードディスクの使用率がこんなに落ちる。
以前のハードディスクでは、ハードディスク使用率が100%で、反応がほんとに遅いんです。同じようにideaPadFex10をご使用の方ならわかると思うのです。

標準ハードディスクからSSDハードディスクに交換したものがこれ。

Amazonでお安く購入できました。他にもSSDがあるので探してもいいですね。このハードディスクで大変満足しています。

 

初心者の方は、下記の交換手順を参考にして、慌てずに作業をしてください。ここで紹介している作業はすべて自己責任でお願いします。

ideapad Flex10 ハードディスク交換手順>>>

SSDはお安く購入できました。120G(ギガ)の容量ですが、このマシンでWindows10を使うにはこれで十分です。

 

SSDに交換したideapadFlex10のパフォーマンス検証

SSDに交換したFlex10のパフォーマンスを見てみましょう。標準ハードディスクでは「ディスク」は100%の状態が続きます。

電源ONにした直後の状態

SSDに交換すると、パソコン起動後の立ち上がりの状態です(下の画像です)。CPU使用率は一瞬100%ですが、すぐ収まります。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

 

ブラウザを立ち上げたときのパフォーマンス

まず、インターネットブラウザEgeを立ち上げました。Egeは軽量のブラウザとしてMicrosoftが提唱しています。それでもCPU使用率は一瞬100%になりすが、すぐ低下します。一方、ハードディスクを見ると余裕の3%

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

 

続けてZOOMを立ち上げたときのパフォーマンス

ブラウザを閉じないで、続けてZOOMを立ち上げたときのパフォーマンスです。CPU使用率は高くなりますが、動きに影響はほとんどなしです。SSDハードディスクの使用率を見ると、余裕の10%未満でした。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

 

いつでも同じようなパフォーマンスを維持できてる

Flex10を起動し、ソフトを立ち上げると一定したパフォーマンスが得られます(下記の画像)。

ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた ideapadFlex10 Windows10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた

 

SSDに交換したFlex10の脅威のスピードエクスペリエンス

電源をONにしてからの立ち上がりは、数秒。速いです。

Windows10のパスワード入力画面が出てくるのが速い。

電源ボタンを押して、立ち上がりすぐのパフォーマンス状況(上記画像)。CPUが100%に対して、ハードディスクは15%ほど。SSDのパフォーマンスがどれだけ速いかが分かります。パスワード入力してから、ホーム画面に一瞬でした。とにかく速い!!!!こんなに速いなんて信じられないです。

MicrosoftEdgeを立ち上げた時のパフォーマンス。CPUが63%に対して、ハードディスクは3%ほど。少しもたつきますが、その後はサクサクです。

続いて、MicrosoftEdgeは立ち上がったままで、ZOOMを立ち上げた。さすがにCPUが100%ほど使用率が上がりますが、ハードディスクの使用率はなんと!10%もない。立ち上げは少しもたつきますが、すぐサクサク動きます。

正直、ideapad Flex10を手放そうと考えていました。

ヤフオクやアマゾンで次なるノートパソコンを探していました。画面タッチができるミニノートパソコンの価格はそれなりに高い( ノД`)シクシク…)

今回購入したSSDはアマゾンで購入しました。

わたしのideapadはバッテリーが消耗して使えないので、バッテリーを外して使っています。そろそろバッテリーを購入する予定です。

まとめ

SSDに交換してからのideapadが爆速になったので、このマシンをそのまま使っています。

SSDに交換してパフォーマンス検証はZOOMアプリを使ってよくわかりました。

標準ハードディスクでZOOMアプリを使ってみたが、画像の動きやホワイトボード、音声などすべてがカクカクの遅い反応でした。使えない。

タスクマネージャーでideapadのパフォーマンスを見ると、CPU やメモリ、ハードディスク使用率が100%でした。これではめちゃくちゃ遅いわけですよ。

SSDに交換後、すべてのZOOM機能がスムーズに動いています。その他のアプリを同時に5つほど使うとさすがにパフォーマンスが低下します。ZOOMを使用中に、ZOOMアプリ内で「パフォーマンス低下」の警告が出ました。

アプリ3つ~4つ程度ではパフォーマンス低下によるイライラはありません。

また、以前のハードディスクでは、Windows10のアップデートがバックグラウンドで作動しているとき、ほとんど反応ができないほどの遅いideapadでした。今では、バックグラウンド動作も全く気にしなくていいです。重いアップデートがあると動きが鈍くなります。

ideaPadFlex10ハードディスクをSSDに交換すると振動や荒っぽい扱いでも平気

ここまでノートパソコンを振ると心配です。標準ハードディスクでは決してやってはいけません。SSDハードディスクだからできることです。

 

 

以上、ideapad Flex10 Windos10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみたでした。

コメント

  1. […] 【参考】ideapad Flex10 Windos10で軽量化高速化する方法SSDに交換してみた […]

タイトルとURLをコピーしました