iPhone6が熱を持つ問題を解決

スマホトラブル

iPhone6が熱を持つ問題を解決

iPhone6が熱を持つ問題を解決

 

iPhone6が熱くなるのはバッテリー電池の問題か?

iPhoneを使って2年以上なると、どうしても避けられない問題があります。バッテリーの劣化です。バッテリーはどんなに使い方を工夫しても劣化するものです。

バッテリーが劣化すると、何回も充電し、またはポータブル充電機を常に持つことになります。iPhone6の本体が熱くなる原因に、バッテリーの劣化も考えられそうです。

ネットで調べてみると、最近イントールしてアプリが原因だとか、バッテリー交換時期だとかが主な原因だということでした。

どちらもやってみましたが、iPhone本体の熱が上がったままでした。熱があるからと言ってトラブルではないそうです。iPhoneはある程度熱を持つことも正常だということです。

しかし、あまりにも本体が熱いのはやはりトラブルです。

【iPhone本体の熱が持つトラブルの見分け方】

起動するとすぐ熱を持つ

スリープの間でも熱を持つ

以上の症状があると、熱トラブルの原因と考えていいでしょう。

 

 

iPhoneの熱はアプリの問題?

iPhone6の本体が熱を持つ原因として、アプリが原因であることもあります。最近イントールしたアプリをネットで調べてみてください。

有名なアプリで熱を起こすという報告は上がっていません。それ以外のアプリをネットで調べてみてください。

 

それはちょっと違うようでした。カンチャンの場合、アプリは4つほどしか入れていませんから、それが原因であるとは思えませんでした。

カンチャンの場合インストールしたアプリをすべて削除しても熱問題は解決されませんでした。

 

iOSの問題?

私の場合、iOSが原因でした。iOSのアップデートを放置していたからです。最新のiosをアップデートをしましたが、アップデートに時間がかかり、本体の熱はますます熱くなり、バッテリーがどんどん減っていく。

バッテリーを充電しながら最新のiosをアップデートし続けるが、2時間近く待ってもアップデートできませんでした。

 

iPhoneの熱解決でやってみたこと

バッテリー交換

バッテリーを新しくしました。しかし、電源を入れると、再び熱が・・・・。熱問題は、バッテリーを新しくしただけでは解決できませんでした。

しかし、バッテリーを新しくしたことで、電池のもちは長くなりました。

次にやったことは、

iPhone6を初期化

iPhone6を初期化しました。セーフモードにして、パソコンへ接続し、iTunesで初期化しました。

初期化することにかなり手こずりましたが、初期化成功。

初期化したら、iPhoneの熱がなくなりました。ってことは、問題が解決できました。

 

まとめ

初期化の手順はあれこれ失敗しながら、ようやく完了しました。できるだけ初期化は避けたいものです。新しいiPhoneは熱問題がない設計となっています。しかし、iPhone6までのシリーズは熱問題は頻繁に起こっています。サイトで調べると、バッテリーの劣化が原因と言うのが多いそうです。初期化の前にバッテリーを疑ってみることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました