simなしiphoneで写真を送る方法 SIMなしiPhone活用の技

この記事は約2分で読めます。
広告

iPhone同士のAirDrop(エアドロップ)で写真を送る方法

simなしiphoneで写真を送る方法 SIMなしiPhone活用の技

SIMなしiPhoneで撮影した写真を、他のiPhoneに転送したいときはAirDropが使えます。

AirDropは、iPhone5sでも装備されています。

その場合、iOS(12.5.5)が最新バージョンであるか確かめましょう。

【AirDropの設定】

設定」から「一般」→「AirDrop」をタップ

AirDrop設定画面で、「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」から、「受信しない」以外を選択します。

 

ポイント

SIMなしiPhoneに「写真を転送したい人の連絡先」が登録されていれば、「連絡先のみ」を選択します。連絡先が登録されていなければ、「すべての人」を選択します。

 

重要「すべての人」を選択した場合、「外出先」や「人の多い場所」では、見知らぬ人のiPhoneへ転送することにもなります。気を付けてくださいね。

 

AirDropの設定がOKなら、写真を転送しましょう。

「写真」を開いて、転送したい写真を開きます。画面下の「転送アイコン」をタップ。

(下画像内の赤い枠のところ)

simなしiphoneで写真を送る方法 SIMなしiPhone活用の技

転送をタップすると、AirDropが出てきます。

AirDropは、iPhoneを持っている近くの人と簡単に共有できるので便利な機能です。

転送したい人の名前かiPhoneの機種名が出てきます。

※人の多い場所でAirDropを使う場合は、「連絡先が登録されている」条件で行ってくださいね。(上記AirDropの設定参考)見知らぬ人のiPhoneへ転送されますよ!

表示されている人へ転送するときは、その人の名前をタップすると、転送されます。

転送された側のiPhone画面上では、「承認」か「辞退」の選択が表示されます。

「承認」をタップすると、送信された写真などのデータを受信できます。

「辞退」をタップすると、送信された写真などのデータを受信しません。

AirDropを使ってMacに転送したいとき

Macでは、FinderからAirDropをオンにすることができます。

その場合でも、近くの人の名前が表示されます。

以上、simなしiphoneで写真を送る方法 SIMなしiPhone活用の技でした。

SIMなしiPhone,Android格安SIM使って子供用携帯にする
SIMなしiPhoneを子供用携帯として活用する方法を紹介しています。完全無料で使う方法と格安SIMを購入して使う方法がありますよ。
SIMなしiPhone5sを現役で使うメリットとデメリット
SIMなしiPhone5sを現役で使っています。サイドフォンとして活用中。
SIMなしiPhoneでメールをする方法 SIMなしでもメールできるの?!
SIMなしiPhoneでメールができるの?!とびっくりするかも。SIMがなくてもiPhoneはメール設定をすれば、メール機能が使えるのです!
SIMなしiPhoneのSIMを抜いた状態の使い方ってポテンシャルすごい!
SIMなしiPhone活用を自慢なしで紹介しています。
simなしiphoneのアップデートできないときはここを確認してみましょう
SIMなしiPhoneでもアップデートができることを紹介しています。アップデートができない場合ここを見てね。
SIMなしiPhoneを完全無料で使えるための方法
SIMなしiPhoneを完全無料で使える活用を紹介しています。iPhoneの機能って凄くない?
SIMなしiPhoneパスコード忘れiTunesで工場出荷状態にする方法
SIMなしiPhoneのパスコードを忘れたときってどうすよう?!悩んだ挙句にやってみることはこれしかない!
SIMなしiPhoneボイスメモで録音したデータを転送する方法
SIMなしiPhoneの活用としてボイスメモで録音して、他のiPhoneとかパソコンに転送してみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました