AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

iPhoneがどんどん新しくなっています。

最新のiPhoneはiPhone13(サーティーン)って言うんだよ。どんなにiPhoneが新しくなっても、AppleIDの登録とその他の登録、変更は基本的に変わりません。

AppleIDの登録・変更を自由に操作できるって、と~~~っても強みで、安心なんです。

Apple製品を使うのであれば、AppleIDについては熟知しているほうが断然いいですよ!

と、言うわけで、AppleIDにログインしてからの操作方法を紹介します。

AppleIDログイン画面はこんな感じです。

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

広告

AppleIDにログインしてからできること①「サインインとセキュリティ」のこと

AppleIDにログインしたら、左側の項目、上から順に「サインインとセキュリティ画面」から見てみましょう。

  • AppleID(AppleIDの変更ができます)
  • パスワード(パスワードの変更ができます)
  • アカウントセキュリティ(AppleIDを守るための2段階認証設定ができます)
    ※必ずやったほうがいいです。
  • 通知用メールアドレス(AppleIDを操作したらメールでお知らせしてくれる)
  • 復旧キー(iOS8以前などの古いデバイスを使ってるならこれやったほうがいい)
  • App用パスワード(Apple製品以外のAppにログインするためのパスワード)
    ※よくわからんけど、Apple以外の製品使うとめんどいかもって。

AppleID ログイン>>

「AppleID」クリックしたら

「AppleID」をクリックしたら、こんな感じです。AppleIDの変更ができます。

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

新しいメールアドレスを入力すると、入力したメールにAppleからメールが届きます。その後はメールの内容に従って、この画面で新しいAppleIDへ変更できます。

「パスワード」クリックしたら

「パスワード」クリックしたら、こんな感じです。AppleIDのパスワードを変更できます。

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

現在のパスワードを新しいパスワードに変更できます。パスワードは定期的に変更することが望ましいのですが、2段階認証がさらにセキュリティを高めているので安心です。

一番下にある、AppleIDに関連付けられているAppleデバイスとWebサイトからサインアウトするのチェックをいれると、変更後のパスワードで再びサインインを求められます。

AppleIDは変更しなくてもパスワードを変更したので、これまでサインインしていたデバイスやサイトでは新しいパスワードを使用しましょう。と言うものです。

失 敗 談

パスワード変更したのを忘れ、以前のパスワードを何度も入力したらサインインできなくなる(ロックされる)ことがありますのでご注意を。パスワード変更したら、必ずメモに記録しましょう。

 

「アカウントセキュリティ」のこと

「アカウントセキュリティ」をクリックしたら、こんな感じです。ここは是非「2ファクタ認証」を設定しておくことをおススメします。

※2ファクタ認証を設定することをおススメします。

「1つの信頼できる電話番号」とは、本人確認をとるための連絡先になります。電話番号を入力すると、その電話番号のメールにAppleから確認コードが送られてきます。

 

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

「信頼できるデバイス」とは、このAppleIDを使用しているデバイス(iPhone、iPad、Macなど)を差します。

「通知用メールアドレス」のこと

「通知用メールアドレス」をクリックすると、こんな感じです。通知用メールアドレスを登録すると、不正なアクセスやAppleIDに関する変更などがあった場合に、通知が来ます。

※通知用メールアドレスを登録することをおススメします。

※ここで使用する通知用メールアドレスは、AppleIDと同じメールアドレスを使用できません(多分すんません)

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

通知用メールアドレスを変更・削除する場合は、ここでできます。

「復旧キー」のこと

「復旧キー」とは、2ファクタ認証が設定できない、古いiOSで設定するセキュリティ対策です。iPhone4sやiPad第2世代などの古いデバイスを使用している方向けのセキュリティ対策です。

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

古いiOS8以降を使っている古いデバイスを使用している方は、復旧キーを設定しましょう。

「復旧キー」設定は、この画面ではできません。

iPhoneやiPad、iPod touchのデバイスで設定できます。設定の方法は、上記画面でもお判りの通り、デバイスの「設定」から行います。やり方は上記の画面を見てください。

「App用パスワード」のこと

「App用パスワード」とは、他社製のAppを使用するときに、AppleIDをより安全に守るためのパスワードです。

よくわんねっ!

つまり、AppleIDのパスワードを入力しないで、代わりのパスワードを使うことで、AppleIDを守るものなんですね。神経質なほどAppleはセキュリティ対策が万全ですね。安心します。

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

使い方は、「App用パスワードを生成」をクリックすると、下記の画面になります。説明してないね。

AppleID 変更とその他登録確認はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」

例のように、分かりやすいネーミングを入れます。そうすると、「作成」をクリックしたら、コードが現れます。

※コードは必ずメモしましょう。

そのパスワードを使用して、Appで入力するAppleIDのパスワードは、ここで作成したパスワードを入力します。

これは、本来のパスワードを守るための、「おとりパスコード」と言うことができますでしょうか。よくわかんねと思うかもしれませんが、作っておくとAppleIDを2ファクタ認証よりさらにセキュリティ強化になります。

以上、AppleID 変更とその他登録確認と変更のやり方はここで簡単に説明してるよっ!「サインインとセキュリティ」についてでした。

新規AppleID作成については、この記事がサイコー!「SIMを抜いたらiPhone iPad のApple IDはどうなる?消える?消えない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました